「どんでん返しのバッグ」から、カラフルなナイロントート。

「どんでん返しのバッグ」から、ナイロントート。
撥水加工をしているナイロンオックスも多いので、梅雨から夏にかけて是非作っていただきたいバッグです。
発色も良く、いろんな色の組み合わせを楽しんでいただければと思います。
オレンジ×グレーは本に掲載したもの。

ピーコックにグレーとイエロー、どちらも試してみたかったので、両面ポケットにしました。さらに肩掛けにするために持ち手をプラス10cm。
こんな風にいろいろアレンジできるのが、手づくりの醍醐味ですね。

ポケット冠をめくった内側までキレイに始末しているのが密かなこだわりポイント。プラスティックスナップもいい感じにおさまっています。

どんでん返しで内側も美しく仕上っているので、実はリバーシブルで使えます。

とても軽いので、学童用のバッグに応用しても良いと思います。

縫い方のコツですが、マチ付けは底辺から縫い始めるのがポイント。マチのつなぎ目と本体の中心をまずあわせて、そこからは成りゆきで。
底からスタートして縫い合せると、サイドの片方が変に余っちゃった!!ってことがありません。
持ち手は外表に折って縫い辛いようなら、ポケット冠と同じ方法でひっくり返して縫うと良いです。

携帯バッグとして持つ場合は、縦に三つ折り、横に三つ折りして外ポケットに入れこみ、くるりとひっくり返してスナップでとめればポケッタブルに。クールで手づくり感がないバッグです。

 

 

このページの先頭へ