「どんでん返しのバッグ」で、こんなバッグも作れます。

日本ヴォーグ社から発売の「どんでん返しのバッグ」。
あの生地でつくろうか、この生地でつくろうかと妄想が広がるバッグの数々。
私自身、わりあい保守的で普通な形が実は好きで、(でも、そのなかに少しひねりのあるものが好き)今回はそんな使い回し(作り回し…かな?)のきく型が収録されています。

担当の編集者さん、「一家に一冊、一生使えるバッグの本」を目指したそうです(驚!!)…どうぞよろしくお願いします。

本では基本1カット、1作品の掲載なので、さらに深めていただくためにこちらでもいろいろ作ってご紹介したいと思います。

こちらデフォルト。本に載っているファスナートートです。普通のシマシマでなくてよく見ると波形のボーダーっていうのがよいでしょう?
輸入ファブリックで、BRITA SWEDENのOVERSEASという生地です。(取扱い先 FIQ online)

これを、帆布11号単色で作っても素敵です。こちらは倉敷帆布さんのキャメル色。

内布はナイロンオックスの水色にしてステッチはキャメルにしてみました。見えるかな?
ファスナーが美しく収まる仕立て方が特徴です。

 

このページの先頭へ