編み機に再度挑戦、手作りがくれるわくわく感。

IMG_0218

若い頃は、作るということに関しては大変せっかちだったので、編み機を買って素早くセーターなどを編み上げることを思いつきました。
で、購入して2、3は作ったのですが、トラブルは連発するわ、やり直しの連続で、しかも毛糸なので絡まったり切れたり、目を落としたりで…夫のセーターをようやく編み上げたあとは、とてももう一度やる気になりませんでした。20年たった今もそのセーターは超あたたかくて健在ですが。手作り(機械編みですがほぼ手編みの領域)、そしてウール100%は偉大です。

最近、年齢を経てずいぶん気が長くなったな〜と思うこともあり、編み機をもう一度やってみたいと思い始めました。
編み機は昨年すでにヤフオクで程度の良いものを落札してありました。レース編み、パンチングカード、ニットリーダーまで付いていました。おそらく購入当時はかなりお高いものだったと思われます。編み機で実際編み物をされている方の出品で、メンテされ、きちんと編める(これ重要)機械を手にすることが出来ました。

で、昨日準備して今日早朝に少し編んでみたのですが、もう感動して興奮冷めやらぬ感じです。
糸は原毛を自分で糸に紡いだものです。細いことは細いのですが、ネップがあるのでどうかなと思いながら…素晴らしい、素晴らしい編み地です。
もう、編み機に向かって
「あなたは本当に素晴らしいわ!すごすぎる!信じられない!」絶賛しました。

自分の状態と道具や素材がマッチするととてもスムーズにコトが運ぶんだな、と思います。
編み機再来でまたひとつ楽しみが増えました。わくわくして落ち着きません(笑)
まずは糸を紡いでいくか、いや糸はヤフオクで買っちゃおうか、クッションカバーからやってみようかスカートなら簡単かしら…etc etc妄想は止まりません。

思えば、私が手芸コンテンツを考案するうえで提案したいことのひとつがこれなのかな〜と。

作る→楽しい→明日も楽しみ→明後日も楽しみ × エンドレス→生きるのが楽しい

ところで道具も素材もほめてもらうのが大好きなよう?
私もサンプル作りなど〆切前に自分自身緊張しだすと、必ずミシンに声をかけます。
「がんばってがんばってもう少し!わあ〜すご〜い、ありがとう!!ほんとに助かった!!」
本当に助けてくれるような気がします。(ちなみに私は霊感など全くなくてどちらかというとそういう感性は鈍い方です)

イライラ〜うまくいかない!と腹立てる前にちょっと思い出してみてくださいね。

このページの先頭へ