ステッチガイドのあるとないでは大違い

まっすぐ縫いたい、きれいに縫いたい、ここにステッチをかけたい…
人に見せたり、プレゼントしたりするようになれば、やはり既製品のようなステッチを目指したくなるもの。
先に相手から「これ作ったの?」と言われないものを作りたいですよね!

工業用ミシンとは根本的なところで決定的な違いがあるものの、家庭でも、工夫のしどころはあります。
まず、マスキングテープでのガイドライン引き。マチ針がついてても大丈夫で初心者向け。ただし、やや目測に頼る点があり、カーブもコツが要ります…
次に、マグネットタイプのステッチ定規。これは針板に磁石でつけるタイプのもので、任意の場所に壁を作ることができて便利です。ただし、マチ針を使わない場所に使うものです。
動きやすいので、しっかり重みがあって長めの方が使いやすいかと思います。
あと、職業用ミシンなど、針板の横にネジ穴があれば、ネジ留めできる定規がおすすめです。やはり、こういう「壁タイプ」は安定してきれいに縫えるように思います。

ネットで検索すればいろんなものがヒットしてきます。
まずはお試し&低予算なら、ヤフオクなどで中古品などから探しだすのもひとつの方法です。

愛着のある古い職業用ミシン。アタッチメントをプラスして工夫しながらなんとか使いこなしたい…定規だけでなく押え自体もガイドや定規代わりになります。まずはマスキングテープのガイドライン。どんな環境でも使えておすすめです。

マグネット定規。角丸などは壁があるときれいに曲がれます。これも環境を問いません。

ネジ穴があればこういうタイプの定規も付けられます。これはくるりと回せばいろんなガイドが使えて面白い!

 

 

このページの先頭へ