プリント生地裁断のアイデア、型紙篇。

リピートして作る場合、型紙にクリアファイルを貼ったものを作っておくと便利です。柄物の時は特に配慮が必要で、

・動物や人など、生き物系はできるだけ変な感じに切れないように。(嫌な感じに、と表現する方が良いかな?相手によっては不快に感じる場合があります)
・ここぞ!という場所をメインに持っていきたい。
・生地がギリギリで、縫い代に耳まで使わないといけない。

などいろんなケースがあります。不透明の型紙をあてるだけでは無駄に悩むので、こういうツールを手作りします。

作り方はカンタン。型紙を印刷して、表側の縫い代部分に両面テープを貼ります。両面テープの剥離紙をはがして、クリアファイルを開いて1枚にしたものを貼ります。外周はクリアファイルごと切り取り、縫い代以外の紙部分のみ、カッターできちんとくりぬいて取り除きます。この時、クリアファイルはくりぬかないで。そう、透明な窓状態にしておくのがミソ。


両面テープは縫い代にだけ貼ります。


上からクリアファイルを貼付けます。

写真は型染め作家・関美穂子さんの手染め生地。貴重な生地であることはもちろん、できるだけ無駄なく生地を取りたい、しかしながらキズなどはきちんと避けたい、そういうことで、この型紙が大活躍するのでした。

ちなみに裁断は最近はほとんどカッターで済ませてしまいます。

 

 

このページの先頭へ