目打ちで送ったり、押さえたり、ひっぱったり。

普通のミシンは下側は送り歯で送られますが、上側の布は押さえ金で押さえられています。
だから、無意識に縫っていると、同じサイズの生地なのに上だけが伸びて最後に余ってしまうことが。

縫い合せる生地の、のびる方の生地は下側に、ナイロンや芯を貼った伸びない生地は上側に、ということを基本として、

目打ちを使ってみるというのもひとつの手です。

目打ちで、上の生地を送るのを助けたり、時にはここ一番てときに踏みとどまらせたり。
自分の指先やまち針よりも結構、いえ、かなりがんばってくれます。

ミシン針に目打ちがあたらないようにくれぐれも気をつけてくださいね。

ナイロンオックスにファスナーを付ける時など、マチ針でとめておくよりも目打ちの方が縫いやすいように思います。
マチ針で数カ所とめていると、ファスナーが波打ってしまったりすることがあります。

 

 

このページの先頭へ