常に中心を決めながら、進む。

縫い物をする時、型紙にあわせて縫う位置に目印をつけます。
私の場合は縫い代1cmと決めているから、印自体もよほどの場合以外は付けない…のですが、
ある人はノッチ(切り込み)、ある人はチャコペン、ある人はシャーペン(細くてきちんと書けて薄めでなかなかいい感じに使えます)を使うでしょう。
一応は中心なんかもあらかじめ印入れときますね。
で、縫い始めるんですが、どうしても多少の誤差が生じてきます。するとあらかじめ付けていた中心線はズレてしまう。次のタイミングでさらにズレ、次のタイミングでまたさらに…という具合にズレが積み重なり、出来上がった時には「あれ〜なんか変?」な仕上がりに。

そこで大事なのが、真ん中を決めながら縫い進める、ということ。
バッグだったら両脇を縫ってから半分に折ってパチンとハサミでノッチを入れておきます。これでハンドル位置が最終ずれることはありません。
左右対称にさえなっていたら、出来上がりの寸法が多少型紙と違っても、カタチにはなります。
ちょっとズレてる、なんか歪んでいる、この「なんだかな…」いうのが下手っぽく見えてしまう原因でもあるのでした。

mannakawo

このページの先頭へ