Adobe Readerは最新のもの&環境設定で安全対策を!

rollの型紙もそうですが、多くのコンテンツはPDFという形式で作られ配布されています。
無料ダウンロードなど、無意識についポチっとしてしまいますが、中には悪質なファイルもあるようです。
安全のためには、Adobe ReaderなどのPDFリーダーは最新バージョンが提供された場合にすみやかに更新することです。
最新版は攻撃を受けやすい弱い部分を改善したものが配布されますから、新機能は関係ないと思わずにアップデートしたほうがいいですね。
脆弱性修正前の古いバージョンをそのまま使うのは危険です。
それから、Adobe Readerは読む機能だけのものと思いがちで、あとはプリント機能しか使わない人がほとんどだと思いますが、実は設定できる項目があります。

Adobe Reader環境設定
・JavaScript…[Acrobat Java scriptの使用] のチェックを必ず外す。
・マルチメディアの信頼性(従来方式)…[マルチメディア操作]のチェックを外す。
・信頼性管理マネージャー…[外部アプリケーションでPDF以外の添付ファイルを開くことを許可 ]のチェックを外す。

デフォルトなら大丈夫だろうとたかをくくらず、環境設定は一度開いてチェックしておきたい部分です。

このページの先頭へ