自家製、最強の紐通し器。

巾着などに紐を通す時、小さな紐通しでイライラしたことはありませんか?
左右に通し口がある場合は、長〜い紐通しを作っておくと一気に紐が通って便利です。
簡単に作るなら針金ハンガーで。ちょっと硬くて曲げるのも切るのも力がいるんですが、1本作っておくと重宝します。
自分用のアイテムなら問題ないのですが、販売用などにする場合は紐入れてキュッとシワが寄ったら、また仕上げアイロンをかけなくてはいけません。作業効率アップにもつながる道具なのであります。

FullSizeRender

通し口が片側だけならどうするの?かといいますと、ホームセンターなどで、しなるタイプのワイヤー(ステンレスワイヤー@100円程度/m、サイズは1.5mmがベスト)がありますので、それで自作します。両側はループ状に折り返して、アルミクランプカン(ステンレスワイヤーが売っている近くにきっとあります。@60円程度/1個)で締めます。切り口がささくれ立っていると生地を傷めますので、折り返したループ先はカンの中にきちんと収まっておく必要があります。これはカーブもすいすい進んでしまうので最強の紐通し棒といえます。

FullSizeRender

道具も既製品のものでなくて自分流にカスタマイズするようになったら、インスピレーションはますます活性化し、いろんなアイデアがわいてくるはず!

このページの先頭へ