お客様より:興味深いkakiメンズ用のご紹介です。

紙バージョンの時代にkakiをご購入いただいて、拡大してアレンジを楽しまれているお客様です。それが、ご主人用であったり、大学生の息子さん用であったりするということなので(!)お願いしてお写真を撮っていただきました。かなり使い込まれているということですが、くったり感も男性が持つといい感じにかっこ良く見えます。

『実は履歴を見たら2007(!)年4月にkakiを購入しており(もちろん紙ヴァージョン)、サイズ違いでいくつか作っています。(今も現役ですよ)
なかでも150%拡大したサイズで作ったkaki@夫の通勤バッグは現在三代目です。パソコンやいろんな資料など入れたいというので、作ったら使い勝手がいいらしく、帆布・フェイクレザー・フェイクスエードで作ってきました。たくさん入るし、夫は気に入ってるみたいだし、なかなかないデザインだし大満足ですね。(褒めすぎ?でもホント)ずっと愛用してることをお伝えしたかったのです。息子が持っている緑色のフェイクレザーのものは現在私の洋裁系の型紙入れたりで、黒はフェイクスウェードで夫のバッグの現役ですが、こうして写真で見るとそろそろ新しいものを作った方がいいかも?!現在はjackを縮小して息子の本入れ(分厚い本を一冊だけ入れたいらしい)を製作中です。』

ご家族、しかもメンズ達に受け入れられているハンドメイドバッグというのに相当興味をそそられたので、少し深堀りしてお聞きしてみました。子ども(特に男子)もある時期を過ぎると母親の手作りには見向きもしなくなると決めつけていたのですが、彼女の作るものは信頼を得ているようです。もちろん家族関係も大変良好とお見受けしました。

『家族が私が作ったものを使うのは、欲しいサイズのものがある時それを探すのが面倒だからではないかと推測してます。(爆)
なので、私もハンドメイド感?が出すぎないよう、既製品ぽいシンプルな感じを目指すようにしています。(バッグだとついあれもこれもとデコりたくなりますが)手が遅いのでなかなかjack縮小版が出来上がりませんが、ファスナーのつけ方が面白いと思ったので、できるのが楽しみです。rollさんのデザインもそうですが、レシピがこれだけ?って思うほど短くてでも読むとちゃんと網羅してあるので私はわかりやすいです。1,2度rollさんの型紙を検索して見つからない時期があったけれど、プロフィールをみて納得しました。もうやってない?!と思ったときは悲しかったですから。』

素敵なお話と作品をありがとうございました!モデルになってくださったご主人様と息子さんにも感謝です!

このページの先頭へ