Q&A kakiの底がうまく縫えません。

お客様よりkakiに関してお問い合わせをいただきました。

『kakiを作る際に厚手の不織接着芯を使ったのですが、どんでん返ししたらしわが目立ってしまいました。このくらいの小さいバッグをしゃきっとさせるときは、どのような芯が向いているのでしょうか。
また、底を縫うのに四苦八苦しました。コツがあればぜひ教えていただきたいです。底の角の部分、縫えていないので穴になっています。バッグを起こした状態で縫ったのですが、非常に縫いづらく・・・寝かせて、底布が上糸側になるように縫うのがいいのでしょうか?』

どんでん返しはやはりシワがどうしても出てしまいますね。帆布とか、麻とかシャキっとしたものは特に。
ひっくり返したら、タオルをぱんぱんに詰めてスチームアイロン、というのがひとつ方法ですが、芯を考慮するとしたら、普通生地+ドミット芯がおすすめです。(バッグや小物の芯について
少し柔らかい感じにはなりますが、アイロンがきれいにかかるので、シワには比較的悩まされにくいと思います。
あと、底付けですね、これは本体側の角にちっちゃな切り込みを入れるか、縫い代までで縫い止まっておくと、本体の下に多少の余裕が出てきますので、それを利用して縫い進める、ということができます。
接着芯貼ると、どうしても生地が固められて伸縮しないので、結構キツくなりますね。pomme などもそうです。
帆布など、もともとしっかりした布に芯を貼らずに縫ってみると、意外に言うことを聞いてくれてとても縫いやすかったりします。
実は、接着芯というものが、私は苦手で、なんとかナシで作れないものかと、いろいろ考えているところです。
(今回出した新作rollaboのシリーズは接着芯に頼らないがコンセプトです)

ちなみに芯を使うものはどうしても、使う生地の特性と合わせて考える必要があり、
この芯で!と一概に言えない部分があるので、そこはあえてレシピ内では詳しく触れていないんです。

中ぐらいの手の生地、またはナイロンにドミット芯、ならアリかも…
既成品のバッグなど、薄いスポンジを挟んで縫製しているものが結構あります。
ナイロンにドミット芯を合わせるとボンディング素材になりますね。
こういう弾力性のあるものと一緒に縫うと、不思議とカーブや玉縁が美しくでるんです。

他にはスライサーという素材は縫いやすくて、おすすめです。
厚みがあり弾力があり、針の通りはよいという素材です。
検索すれば、専門店がヒットするのではないかと思います。
裏が剥離タイプのシールになっていて、生地にベタ貼りするものが多いです。
シールタイプでない方がミシンに負担がかからなくてよいですね。
(針に付いたシールのベタベタが釜の中に入ってしまうため)
結構な厚みになるので、もし、どんでん返しで行く場合は返し口をかなり大きくとる方が無難です。

いずれにしても生地と芯と作りたいもののバランスを考えて、その都度選んで行くしかありません。
お料理みたいなものですね!

このページの先頭へ