pomme。内袋改良しました。

pommeリニューアル版

pommeの型紙を出してから随分経ちます。
細かい行程はありますが、これが一番好き!と言われる方が多いです。
一見よく見る形ですが、大きさやバランスが絶妙で、本当にかわいい、と私も思っています。
洗いざらした感じのキャンバス地のバッグが大好きですが、pommeも帆布などで仕立てれば、小さな小さなボストンバッグに。

ただ、永らく気になっていたのは内袋の縫い方。

もっと簡単にできないものか…といろいろ試行錯誤してようやく。

pommeの内袋のパターン、作り方を一部リニューアルしています!

改良したのは、外袋と内袋を別々に作ってあとで手で縫い付けるタイプの作り方です。
(中巻バージョンは変更無し)

こちらの縫い方、縫い代が全部隠れるため、ミシン目に気を遣わなくて済むのですが、
縫う行程が多くてかなり面倒。
大変なカーブ付きのマチつけを、表裏合計4回も縫わないといけないなんて!!
カーブの数にして実に16カ所です。(ひぃぃぃ)
手袋や靴下の、1つめはいいけど、2つめを編むのが苦痛なタイプの私は簡単な方法はないかと考えます…。

表面はそれなりに複雑な方が見栄えが良いのでそのままにして、内袋をばっさり変えてしまいました。
たった1つの内袋パーツで内ポケット付きの内袋が作れます。
最後は手縫いで仕上げますが、ミシンに慣れた方なら、工夫すれば最初にファスナー裏に内布を仕込んで全行程ミシンで仕上げることも可能です。

私も、以前はミシンで全行程を縫い、仕上げることにやたらこだわっていましたが、生産ラインとか営利的なことを考えないのであれば、手で仕上げるのもいいかなと、最近思っています。
人間の手ほど、融通がきいて丁寧な仕事ができるものはないですから。
ミシンが入らない部分も手ならちょいちょいと。
ちょっとした誤差も手での作業ならあら不思議、吸収してしまいます。
やっぱり手、すごいな〜と感動なのです。

改良版pommeですが、すでにpommeお買い上げの方は、購入時のダウンロードページから新バージョンを再ダウンロードしていただけます。
購入時のメール捨ててしまってわかりません、という方はお問い合わせください。
また、以前に紙バージョンで購入しました、という方には該当部分の型紙をメールでお送りできます。
こちらもお問い合わせください。
また、おうちで印刷できない方にはネットプリントでの受取も対応いたします。

型紙をダウンロード販売にして何が良くなったかといえば、改良したものをお買い上げくださった方に無償で継続して提供できるという、この部分ですね。

このページの先頭へ