sabaの芯について。

saba、個人的にとても気に入っているアイテムです。
面白い、カンタン、こういうの作れるんだ〜っていう驚き。
rollaboは基本、身の回りにある材料で作る、がコンセプトなので、基本はタオルを芯に使っていますが、もちろんドミット芯を同様に置き換えても作れます。最近は100円shopなどでも手芸コーナーに置いていますので、気軽に入手できる材料ともいえるかもしれませんね。
このスリッパ、携帯用にたためるので、外出先にもどんどん持ち歩いてくださ〜い。(袋の型紙も付けました。)

底に入れる芯は後入れなので自由性があります。
固いのが好きな方は固い芯、柔らかい芯がお好きな方は柔らかい芯を。
100円shopやホームセンターで扱いがあるフェルトタイプの中敷がおすすめですが、意外と使えるのが、贈答品に入っているクッション材料。
高級果物、缶ビールの詰め合わせなどに入っているスポンジ系のもの。ちょっと固めのものならそのまま切って使えます。そろそろお中元の季節なので気にしてストックしておくと、あとあと重宝します。バックなどに使う専用のスポンジはもっと薄くてはかなげなものですからね、こっちの方がしっかり。まさに踏んづけてもビクともしない丈夫なものです。

trumpのサンプルとお揃いの生地で縫ってみました。クラッチバッグtrumpに書類を入れ、このsabaで学校行事に行ったらちょっとおしゃれかも…
(底はすべりやすそうな生地だったら滑り止めを付けてくださいね。)

saba-012

このページの先頭へ